MYOKYOJI

2008年1月アーカイブ

2008年1月の言葉と法話

|
・あけまして南無阿弥陀仏
・また一つ歳をいただき、み仏のみ名を聞けよのいのちなりけり
・私から仏さまを見るのではなく、仏さまから私を見る眼を育てよう


法話
 あけまして南無阿弥陀仏。
 永遠の生命、無限の智慧、これ以上にめでたき言葉なし。すなわち南無阿弥陀仏です。お念仏を生きる支えとして今年もいのちを輝かして生きたいと思っています。
 お念仏は"真実にめざめよ"といういのちのメッセージです。真実(如来)はいつも不実(凡夫)に向かって真実にめざめよとよびかけています。本物に遇う ことによって偽物が明かになるように、真実に遇えば私の愚かさ、恥ずかしさ、罪深さが明かになってきます。それは真実(如来)が働いているからです。真実 は不実を不実と気づかせ、真実へと導いてくれます。真実なるものが見つかりましたという喜びの叫びがお念仏です。その真実なるものを生きる力、生きる支え として生きていくのが浄土真宗です。
 私たちはいつも私を主体として、あらゆるものを見ています。私たちは仏さまも客体として見ています。そうではなく、仏さまを主体として、私を客体として 見る眼をもつことが大切なのです。仏さまの眼から見ると私の不実さが明かになると同時に、仏さまの分けへだてしない、選ぶことをされない、比べることをさ れない心が伝わってきます。仏さまはいつも「私があなたの生きる力となるよ」とよび続け、私たちに生きる力を与えると同時に、迷わずに生きる方向(真実へ の道・浄土への道)を教えて下さっています。それ故、私から仏さまを見るのではなく、仏さまから私を見る眼を育てていかねばならないのです。 )

月別 アーカイブ