MYOKYOJI

6月の言葉と法話

|

信心とは 阿弥陀如来が念仏となり 私の中に入り居座ることです

念仏を称えるとは 仏さまにこだますることです

 法話

信心とは私が信じるのではなく、阿弥陀さまが信じさせてくださることです。阿弥陀さまからいただく信心です。賜る信心です。阿弥陀さまは私たち凡夫の姿を、自力では到底救われないことを見抜いて、みずから南無阿弥陀仏の念仏となり、私の身に響き、私の中に入り、私の中にずっと居座ってくださっているのです。嬉しい時も悲しい時もどんな時も、私の中に居座っていられるから大きな支えになるのです。 念仏とは阿弥陀さまのよび声であり、よび声が声なき声が我が身に響いてくると、自ずと私の口からお念仏が出てくださるのです。それは阿弥陀さまとこだますることです。

月別 アーカイブ