MYOKYOJI

2013年6月アーカイブ

6月の言葉と法話

|

試練や苦難は抗えば高い壁になり、受け入れそこに置けば踏み台になる。

 法話

生きていればいろいろな試練や苦難が与えられます。この試練や苦難を受け入れず、愚痴をこぼし逃げたり、逆らい、抗(はりあ)えば大きな障害になります。高い壁になります。いつまでも乗り越えることは出来ません。まずは受け入れるべきです。辛く苦しいでしょうが自分に与えられたものとしてそのまま受け入れるべきです。そこから気づくこと、見えてくることがあります。悲しみや苦しみを通して、今まで見えなかったことが見えてくることがあります。受け入れてそこに置けば、その試練や苦難を乗り越えていく踏み台となるのです。 『仏説無量寿経』の中に、「身自ら之を当(う)け、代わる者有ること無し」という言葉があります。誰も変わることは出来ないのです。親が「代われるものなら代わってやりたい」と思っていても、代わることは出来ないのです。仏さまと言えども変わることは出来ません。その人に与えられた試練や苦難です。自ら之に当り、引き受けるしかないのです。そうすることによりそれが踏み台となり乗り越えていくことができるのです。

月別 アーカイブ