MYOKYOJI

2013年11月アーカイブ

11月の言葉と法話

|

人間のあるがままの姿をごまかさないで仏さまの前で裸になれる教えだけが人間を本当に救うのです

凡夫とは仏さまの光に遇わねば見えてこないのです

 法話

人間とは自我中心に生き、煩悩いっぱいの悲しい生き物です。自分が可愛いし、人に無視されたり、嫌なことをされたら、傷つくし腹が立ちます。何事でも自分の思い通りにならなければ大なり小なり苦しいです。人生は苦です。この人生思い通りになるはずはありません。しかし思い通りにしたいと思っています。自分をごまかしたり、偽ったり、飾ったりすれば、ますます迷いを深めます。自分のあるがままの姿を、そのまま知らせていただくのです。仏さまの前で裸になるのです。私たちはなかなか裸になれないから、仏さまが光となっていつも照らしてくださっているのです。光に照らされ、私が凡夫であったと気づかされ、仏さまの前で裸になれ、凡夫が凡夫のまま救われるのです。

月別 アーカイブ